天使とマリアに出逢う旅No13

雨ですねぇ
急にさむくなりましたね。
昨日、佐々木梨瑛ちゃんが紹介してくれた仙台のすぴこんの主催者の
芳賀さんご夫妻がノートルにいらして下さいました。
前回、お逢いした時もマヤ暦の話で盛り上がりましたが
昨日も色々教えていただいて、またまた夜までとっても楽しい時間を過ごしました。
ノートルで、マヤ暦の勉強会を開いてくれる事になったので
ご興味のある方は、メールくださいね。

f0067482_2236398.jpg

さて、旅の話のつづきです。
ようやく3日目です。
南仏は、夏はめったに雨はふりません。
毎日、とっても良いお天気で暑いです(笑)でも湿度が無いので
気持ちの良い暑さなのです。
ルールマランと言う小さな町に着きました。
前回もお話しましたがここに来たのはCote Bastideの店に
行く為です。
Cote Bastideのデザインや商品が大好きで、10年前のノートル オープンの
時から扱っている商品の本店がここにあります。
(現在は、中鉢さんの手作り石鹸やアグロナチュラのような
オーガニック系の物を中心に扱うようになったので
コテバスの商品は少し減ってしまいました。)

ようやく、店に着きました。
やはりparisの店の内装と似ていますが、外においてあるベットや
建物の感じが流石南仏だなぁ~
と言う感じでした。
みんなで興奮状態でお買い物をしました。
お店で働いていたニコルさんは、もう10年前からコテバスで働いて
いるそうです。
とても雰囲気のある素敵なマダムで、アナノちゃんが作品や写真を
見せたら、眼をまんまるくして「かわいすぎるーーーーっ!」
と、喜んでいました。
f0067482_22371392.jpg

彼女は、パリに日本風の店を出したいから来年、日本に
買い付けに来る予定だと言っていました。
ニコルさんはみんなにお土産にキャンドルをプレゼントしてくれて
とっくにお昼休みの時間なのに、色々お話してくれました。
南仏ではお昼休みはみんな店が閉まってしまう事も多く
13時頃から15時頃までは、どこも閉まっているので
ランチを取る事にしました。
f0067482_2240423.jpg

15時にならないと開かない手芸屋さんにどうしても行きたかったのですが
それまで待ってたら、セナンク修道院の中を見学する時間に間に合わないね。
と、どっちを取るか迷いましたが、せっかくこんなにかわいい町だから
もう少しゆっくりしたいな。
と、言う事になりやはりお昼休みが終わるまで
待って、行きたいお店を周ってからルールマランを後にしました。
修道院の中を見学する時間には間に合わないけど
セナンクのラベンダー畑と修道院を見たかったので
セナンクへと向かいました。
つづく
[PR]
by marie-madeleine | 2006-09-13 22:30
<< 南仏とパリの旅日記 8 天使とマリアに出逢う旅No12 >>