天使とマリアに出逢う旅No14

皆さまこんばんは。Junkoです。
今日は、また素敵な出逢いがありました。
以前、ここのブログでも紹介させて頂いた「マグダラの書」の翻訳を
された鈴木里美さんがノートルに遊びにきてくれましたよ。
逢いたいなぁいつか逢えるんだろうなぁ とは、思っていましたが
とても早かったです(笑)
素敵な出逢いをくれた皆々様とマグダラのマリアに感謝です。
本当に、ご縁って面白いですね。
また、魂の家族が増えて嬉しいなぁとわくわくしています。
f0067482_22503149.jpg

さてさて、
Kanaちゃんがせっせと更新してくれていましたが
私の旅日記は気がつけばかなり長い間、更新してませんでしたね。
前回は、ルールマランのコテバスティッドへ行ったお話でした。
その後、セナンク修道院へ行きました。このお話はKanaちゃんが
詳しく書いてくれると思うので
はしょらせて頂いて(爆)その日の夕食の場面へと移ります。。。。
f0067482_22514753.jpg

天使のホテルに泊まって二日目の夜はDinerを20時に予約していたので
19時頃には、ホテルに帰りました。
Kanaちゃんも書いていましたが、ここで働いている女の子達は
みんな真っ白いお洋服とエプロンをして、裸足で働いていました。
なんてチャーミングなんでしょう!
見ているだけで、うっとりとしてしまいます。
「家の中を案内しましょうか?」と、天使のようなクルクルパーマの
かわいいスタッフの方が誘ってくれたので、みんなで
建物の中を見学して周りました。
1階にはオーディオルームがあり、とても大きなスクリーンの部屋で
好きな映画を見れるようになっています。
そこには、日本でも上映していたフランス映画「コーラス」のポスターを
貼っていました。
実はこの映画、Anano"ちゃんが大好きな映画で、Anano"ちゃん曰く映画を見てから
すぐにサントラを買い、毎日聴いてるほどはまっていた映画なのです。
すると、スタッフのこが「この映画に、エリックの甥がでてるのよ 」
ポスターを見てみると、ずらーーっと子供達が並んでいます。
唯一人、映画を見てたAnano"ちゃんは

「え゛ーーーーー!?どのこどのこ??」

「このこよー」

「きゃーーっ主役じゃーん!この子、一人でずば抜けて歌が上手で一人で
ソロを歌わされてた子なのーー!!」

と、興奮していました。ううむ。。。
その映画のサブタイトルが「天使の歌声」みたいな感じらしく
ふーーん。やっぱり天使ファミリーなのかなぁ?
なんて、嬉しくなっちゃいました。
Anano"ちゃんは、「コーラス」のサントラをi Potにいれて、フランスでも
ずっと聴いてたらしく、その後みんなでその歌声を聴かせてもらって
びっくり!!
涙が出るほど、美しい歌声でした。
みなさまも機会があったら是非、「コーラス」見てみてくださいね。
とっても良い映画でしたよ。

さて、いよいよお待ちかねのディナーです。
やっと、ピッツァ以外のちゃんとしたテーブルで食べるディナー(笑)
もちろんテラスのテーブルにキャンドルを灯して
セッティングしてくれていました。
南仏のホテルでは、夏は基本的にお庭で夕食をとります。
アペリティフから始まり、長い間外の気持ち良い雰囲気を
味わえる、南仏が大好きです。
とても気持ちの良い大自然の中で美味しい空気と一緒にオーナーのエリックが
自家製のオーガニック野菜や自家製の美味しいオリーブオイルを
使って、創ってくれた美しく美味しいお料理でした。
みんなで、いちいち「美味しいーーーーーーっ」「綺麗ーーーー」
「やるぅーーーー」
と、褒めちぎりながら満喫しました。
だんだんと陽も落ちて、お月様がぽっかりと
空に浮かんできた頃、デザートまで大満足で平らげた時に
エリックが出てきました。
「どうだった?美味しかった?」
一同 「うぃーーーー!!とっても美味しかったあ!」
「綺麗だし、美味しいし、素晴らしいっっ」
と、みんなで賞賛しまくりました。
すると、「このオリーブオイル、自家製なんだ!どうだった?」
と、聞かれ「いやぁーめちゃくちゃ美味しかったですよぉMちゃんなんて
いちいちオリーブオイルをドボドボかけて食べてたくらい!

と、答えると間髪入れずに
エリック 「君に日本で、このオリーブオイルを売って欲しいんだけど」

え゛ーーーーーーーーっっっ??
なんですってぇ?
つづく。。。
f0067482_22522949.jpg

[PR]
by marie-madeleine | 2006-10-04 20:58
<< 南仏とパリの旅日記 11 南仏とパリの旅日記 10 >>